• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

有働由美子が「サントリー1万人の第九」朗読ゲストに決定

有働由美子 今年で36回目となる「サントリー1万人の第九」の朗読ゲストとして、フリーアナウンサーの有働由美子の出演が決定した。

 1983年に始まり、師走の風物詩となった「サントリー1万人の第九」は、ベートーヴェンの「第九」を1万人が合唱するコンサート。総監督・指揮は今回で20回目となる世界的指揮者の佐渡裕が務める。

 2013年から始まった“詩の朗読”では、ベートーヴェンが交響曲第9番を作る上でのきっかけとなったシラーの詩「歓喜に寄せて」を翻訳した「よろこびのうた」を、朗読ゲストが1万人の前で読み上げる。これまで、仲間由紀恵、井川遥、栗山千明、佐々木蔵之介、小栗旬が朗読ゲストを務めてきた。

<有働由美子コメント>
クラシック界の常識を変え、第九を広く人々に広めた画期的なイベント『サントリー1万人の第九』に、朗読という形で参加させていただける光栄と緊張感でいっぱいです。
命の歓びが爆発するような力強さあふれる詩。一つひとつの単語の意味を考えながら、世界観を築き上げられればと思います。

「サントリー1万人の第九」
公演日:12月2日(日)15:00開演(14:00開場)
場所:大阪城ホール

番組放送日:12月29日(土)16:00~16:54
放送局:MBS(毎日放送)、TBSテレビ、CBCテレビ、HBC(北海道放送)、RKB(RKB毎日放送)、TBC(東北放送)
6局ネット※11/12現在

<出演>
ゲスト:ベンヤミン・アップル(バリトン)、村上明美(ピアノ)
朗読:有働由美子

主催:MBS
特別協賛:サントリーホールディングス株式会社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える