• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

岡田准一主演『白い巨塔』里見役に松山ケンイチ、東教授役は寺尾聰

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 V6の岡田准一が主演するテレビ朝日開局60周年記念5夜連続ドラマスペシャル『白い巨塔』(今年放送)に、松山ケンイチと寺尾聰が出演する。

 山崎豊子さんの同名傑作小説が原作。大阪の大学病院を舞台に、教授の座を射止めるために野心を燃やす外科医・財前五郎(岡田)の姿を通して、医療ドラマの枠を越えて人間の本性に迫った物語。松山は財前と同期だが出世には関心がなく、患者の診療と自身の研究だけに心血を注ぐ内科医・里見脩二を、寺尾は定年退官を前に後継者選びをめぐって弟子の財前と対立を深めていく第一外科教授・東貞蔵を演じる。

 山崎作品初挑戦の松山は、「大学病院には、患者のためを思っている人もいれば、自分のために生きている人もいる。大学病院を舞台にした物語ではありますが、そこにいる人間の“それぞれの生き方”がぶつかっていく物語なのかなとも思いました。大学病院を通して人間という生き物を観察しているような感覚です」と心境を表現。岡田とは初共演で、「とてもパワフルな演技をされる方で、『岡田さんがこう来るなら、僕もこうしよう』というふうに組み立てられていったので、より対比がある2人になっているのではないかと思います」と自信をにじませる。

 一方、寺尾は「岡田准一君と松山ケンイチ君という魅力的な2人が、この『白い巨塔』を描いてくれるということが出演の決め手でした」と説明。岡田とは2014年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』でも共演しており、「真っすぐな俳優さんだと分かっていました」。松山とは初共演だが、「彼の出演したいろいろな作品を通してある種の“太さ”を感じていました」と称賛し、「日本のテレビ・映画界の中心になっているこの2人が、一体どうぶつかり合うのか…、そしてこの2人の間に自分がどういられるのか楽しみでした」と化学反応に期待したという。

 そんな2人に岡田も信頼を寄せているようで、松山については「里見と財前は、医師として互いに認め合ってはいるけれど、全く対極にいる2人。現場でもあえて距離感を詰めないようにしているんですが、そうした中で松山さんは常に里見としてしっかりと現場に立たれていて、安心感があります」。寺尾については「東先生と財前は師と弟子であり、親子のようでもあり…。反発しているけれど、どこか甘えている部分もある、という愛憎の探り合いを感じます。寺尾さんとは芝居を通して、たくさん会話させていただきました」とコメントしている。

【財前五郎役・岡田准一 コメント】
 里見と財前は、医師として互いに認め合ってはいるけれど、全く対極にいる2人。現場でもあえて距離感を詰めないようにしているんですが、そうした中で松山さんは常に里見としてしっかりと現場に立たれていて、安心感があります。こちらがガンガン攻めても、揺るぎなく真っすぐな目線で芝居をされる。胸に刺さるお芝居をされる方です。

 寺尾さんとは、じっくりと対峙しながらお芝居をしている感覚があります。東先生と財前は師と弟子であり、親子のようでもあり…。反発しているけれど、どこか甘えている部分もある、という愛憎の探り合いを感じます。寺尾さんとは芝居を通して、たくさん会話させていただきました。

 物語の後半になるにつれて、財前が追い込まれていくので、撮影も苦しくなることが多くなりました。
セリフを覚えたはずなのに、財前が不安だから自分も不安になって、芝居に自信がなくなってくるということもあり、終盤は戦いの連続でした。これまでに財前を演じられてきた歴代の方々も苦しまれたんじゃないでしょうか。僕も最後まで悩みつつ、皆さんに喜んでいただけるようなお芝居ができたらと思っています。

 原作と過去の作品をリスペクトしながらも全く別のものを作っている感覚があるので、皆さんにはまた新しい現代の『白い巨塔』を楽しんでもらえると思います。期待していただけたらうれしいです。

【里見脩二役・松山ケンイチ コメント】
 大学病院には、患者のためを思っている人もいれば、自分のために生きている人もいる。この作品は大学病院を舞台にした物語ではありますが、そこにいる人間の“それぞれの生き方”がぶつかっていく物語なのかなとも思いました。大学病院を通して人間という生き物を観察しているような感覚です。

 僕が演じる里見は、医者の良心のようなキャラクター。本作で描かれる大学病院が考えがちな、“医者と患者の上下関係”とは少し抜け出したところから患者を見ている人です。

 里見とは両極端な立場にいる財前を演じる岡田准一さんはとてもパワフルな演技をされる方で、「岡田さんがこう来るなら、僕もこうしよう」というふうに組み立てられていったので、より対比がある2人になっているのではないかと思います。

 寺尾聰さんは昔のお話やこれまでに経験されてきたことをたくさんお話してくださって、それこそ東先生と里見のように、僕にとっても寺尾さんは先生のような存在。すごく勉強になり、貴重な時間でした。

 岡田さんと僕の演技の幅が広ければ広いほど、よりいろいろな世界が見られる物語になるのではないかと思うので、そこを意識して演じました。

【東 貞蔵役・寺尾聰 コメント】
 今回、鶴橋監督と初めて仕事をご一緒するので楽しみにしていました。

 そして何より、岡田准一君と松山ケンイチ君という魅力的な2人が、この『白い巨塔』を描いてくれるということが出演の決め手でした。

 岡田君とは大河ドラマ『軍師官兵衛』という作品で向かい合ったことがあるので、真っ直ぐな俳優さんだと分かっていましたし、松山君とは初めてですが、彼の出演したいろいろな作品を通してある種の“太さ”を感じていました。

 日本のテレビ・映画界の中心になっているこの2人が、一体どうぶつかり合うのか…、そしてこの2人の間に自分がどういられるのか楽しみでした。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える