• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『僕キミ』野村周平が桜井日奈子らとスキー場ロケ!得意のスノーボードも披露

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 野村周平、桜井日奈子らが、テレビ朝日系『僕の初恋をキミに捧ぐ』((土)後11・15)のロケを群馬県のスキー場で行った。2月16日の第5話で放送される。

 同ドラマは、漫画家・青木琴美の人気コミックが原作。20歳まで生きられない心臓の病を抱える高校生・逞(野村)と、彼を一途に愛する幼なじみの繭(桜井)が迫りくるタイムリミットに悩み苦しみながらも、必死で運命に抗う姿を描く。

 第5話では、学校の恒例行事であるスキー合宿へ出かけた逞と繭が2人きりでこっそりホテルを抜け出し、夜のゲレンデへ。すると、繭が逞を押し倒すという大胆な行動に…!? 立ち上がろうとする逞に対し、繭は覆いかぶさったまま動かず、「私たち今からキスするから」と宣言する。

 ロケには野村と桜井のほか、劇団EXILEの佐藤寛太、矢作穂香、福本莉子も参加し、終始和気あいあい。また、台本では逞はスキーをするはずだったが、撮影では野村の得意なスノーボードが採用されるというひと幕もあった。

 野村は「監督をはじめスタッフさんの配慮で、自分の趣味に合わせてもらえたのが本当に嬉しかったですし、すごく楽しませてもらいました」と感謝し、「しかも、そのシーンがちょっとした“見せ場”にもなっているので、どこで出てくるかも含めて、楽しみに待っていてもらえたらな、と思います」とアピール。

 桜井は「雪を見たらテンションが上がって、撮影の合間はキャストのみんなで雪玉を投げ合ったりしました! スキー場での撮影が終わった後も、みんな同じ車で移動したので、サービスエリアでわいわい買い物をしたり、宿泊先で女子チームはワードウルフというゲームをして盛り上がったり。本当の学校行事のようでとても楽しかったです」と振り返っている。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える