• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

別所哲也が『第14回 渡辺晋賞』を受賞

『第14回 渡辺晋賞 授賞式』
『第14回 渡辺晋賞 授賞式』が行われ、俳優でショートショートフィルムフェスティバル&アジア代表を務める別所哲也が渡辺晋賞を受賞した。

 別所は映画『クライシス2050』でハリウッドデビューを飾り、映画・テレビ・舞台など幅広く活躍。アメリカでのショートフィルムとの出会いから、1999年より日本初となる国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」を主宰している。2004年には、米国アカデミー賞公認映画祭に認定され、2005年の「愛・地球博」では、政府出展事業の統括プロデューサーを務めた。

 2016年のSSFF & ASIAグランプリ作品「Sing/合唱」が、第89回米国アカデミー賞・短編実写部門でオスカーを受賞するなど、世界に羽ばたく映像作家の支援を続けているほか、企業のブランディング価値を高めるためのブランデッドムービーにも注力し、デジタル映像事業のプロデューサーとしても活動されている。

 また、2016年に立ち上げたSSFF & ASIAとLDHによる詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクト「シネマファイターズ」では、EXILE TRIBEの楽曲をモチーフにしたショートフィルム作品6本を映画祭内でプレミア上映、その後は全国で劇場公開するなど、話題になった。

 「シネマファイターズ」以外でも、国内外の短編映画を数多くプロデュース。2018年は「SSFF & ASIA」が20周年を迎え、アカデミー賞につながるグランプリ作品が、初年度から応援を受けているジョージ・ルーカス監督の名を冠した「ジョージ・ルーカス アワード」となった。

 これらのエンターテインメントへ貢献、そしてさらなる活躍を期待して、別所に第14回渡辺晋賞が贈られた。

 式典では、主催の一般財団法人渡辺音楽文化フォーラム・渡辺美佐理事長より、トロフィーと副賞100万円が授与された。選考委員の三枝成彰氏は、受賞理由について「現代は短く凝縮したものが良い時代になった、“俳句”のようなものが長い寿命を持ち始めたということ。まさに別所さんが時代に早く気付き、ショートショートフィルムフェスティバルを行っていた」と語った。

 別所は「今回受賞をいただけてとても光栄です。渡辺晋さんは日本のエンターテインメントをおつくりになられた大先輩であり、俳優をしながらショートショートフィルムフェスティバルというお祭りをつくり、プロデュースすることがいかに難しく大変で、あわせて大変喜ばしいことかを実感しております」と授賞の喜びを語った。

 続けて「評価を頂けた理由は“時代”だと思っています。平成が終わり、新しい元号がまもなくスタートしますが、現代はインターネットの時代になりメディアウィンドウといわれているものが変化しています。渡辺晋さんが映画からTVへと進化する新しい時代をとらえたように、音楽配信や動画配信など時代はまた動いているんだなと映画祭を通して感じております。プロデューサーとしてだけでなく俳優としても一層頑張っていきたいです」と語った。

 続いて、第13回渡辺晋賞 受賞者の村井邦彦氏がロサンゼルスからビデオメッセージでお祝いコメントを送り「世の中、音楽の世界もインターネット、デジタル、ストリーミングと変化しました。そんな中で映画の世界もずいぶん変わってきています。ショートショートフィルムフェスティバルを代表されている別所さんには、今後もすばらしい文化を切り開き日本の文化を継承していってほしいです」と讃えた。

 そして、別所がライフワークとしているショートショートフィルムフェスティバルでも関わりが深い、河瀨直美、木村佳乃、コシノジュンコ、 LiLiCoがお祝いに駆けつけた。

 映画祭の審査員を務め、世界に映像作家を送り出すプロジェクト『シネマビジョン』などを共同運営している河瀨が「ショートショートフィルムアジアを立ち上げられてから20年という素晴らしい実績がある別所さんは、私が奈良で立ち上げた地方でやっている国際映画祭にもリスペクトを下さる。個人的にも監督として支えてくれる、出会いの場をもたらせてくれる方です。人と人をつなぐ、信頼に厚い方なので人柄の良さということだけではなく、ビジネスに展開されているのだと思います。いつまでもいろんな人を元気にし幸せをくださることを期待しています」と讃えた。

 2019年より本格始動する女性クリエイターを応援するプロジェクト『Ladies for Cinema Project』のプレゼンターを務めている木村からは「最初の出会いは舞台『恋人たちの予感』で恋人役としてご一緒させてもらいました。いつものニコニコ笑顔で、知的で頼りになるお兄さんというイメージでした。それは他の俳優さんとは比較にならない、別所さんは別所さんでしかないとにかく素敵な存在です。朝も早くてミュージカルの本番があるときなどはいつ寝ているのか心配になるぐらいご活躍されて、、」とコメント。それに対し、別所は「“ショートスリーパー”なんです」と答え、会場を沸かせた。

 コシノは、映画祭の審査員を務めた後も観光映像大賞のプレゼンターなどを歴任しており「フィルムだけではなくオペラや俳優いろんなことをされていますが、ショートショートフィルムフェスティバルは長く続けて実ったこと。一回目から映画祭に伺っていますが、開催する日がずっと雨だったから雨男だなと思っていました。“雨降って地固まる”というにふさわしい、やっと実って20周年ですね。アジアと日本のつながりを深め、さらに仲良くなるためにもこれからも益々活躍してください」とエールを送った。

 2014年よりフェスティバルアンバサダーを歴任し、映画祭を長きにわたり盛り上げているLiLiCoからは「いつも、褒めたくなるほど素晴らしい人柄で、さまざまなことに携わっていらっしゃっても全てを把握して何か問題が起こったら一緒になって考えてくれる。口だけじゃない素晴らしい方。今は失われつつあるハングリー精神、そして努力することがカッコいいことだと感じさせてくれます。今後も自然にみんなにそういう気持ちを与えていただきたいです。永遠にわたしたちの刺激です」と讃えた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える