• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ヨギーのボーカル・角舘健悟がナレーター業の苦労を明かす「コンディションが重要」

セブンルール

 毎週火曜に放送中の『セブンルール』(カンテレ/フジ系)でナレーターを務める角舘健悟が、バンドメンバーと共にスタジオを初訪問。出演者で俳優の青木崇高を交えて取材に応じた。

 ロックバンド・Yogee New Wavesでボーカル兼ギターを担当している角舘。角舘のナレーター業についてベースの上野恒星は「最初見た時は恥ずかしかったですね。友達がしゃべっているような感覚で」と。ギターの竹村郁哉も「いまだに恥ずかしいです。CMで『このあとのセブンルールは…』って聞くとなぜか照れちゃって」と苦笑い。角舘から「なんでお前らが照れるんだよ!」とツッコまれていた。

「今後どんな職業の女性を見てみたいか」という質問に上野が自分たちのライブで楽器メンテナンスをしている“ローディー”の女性を挙げると、角舘も「僕らのステージを担当してくれた女性の照明さんも見てみたい。普通の照明じゃないアクションをするんです」とすかさず回答。終始息がぴったりのYogee New Wavesの面々に、青木も「話が尽きませんね!」と驚いていた。

 開始当初は1クールと聞いていたという角舘。だが放送は1年半を超え、放送回数も90回を超えた。「30分番組だけど、長いと3時間ぐらい撮っています。だからコンディションが重要。口内炎が出来た日とかは…」と笑いながら知られざる苦労も明かした。

 今夜も角舘のナレーションに乗せて送る3月19日の『セブンルール』は、動物写真家の半田菜摘に密着。カメラを持ってわずか5年、撮影した作品が国内外で相次いで受賞する新進気鋭の動物写真家でありながら、フルタイムの看護師という顔も持つ半田の7つのルールに迫る。

『セブンルール』
カンテレ/フジ系全国ネット
3月19日(火)後11・00~11・30

スタジオキャスト:青木崇高、本谷有希子、YOU、若林正恭(オードリー)※50音順 
今週の主人公:半田菜摘(動物写真家)
ナレーション:角舘健悟(Yogee New Waves)

©カンテレ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真