• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大泉洋の“足の白さ”に会場爆笑「じわじわ笑うたびに傷付いてた」『ノーサイド・ゲーム』試写会

『ノーサイド・ゲーム』 7月7日(日)スタートの大泉洋主演の日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)のプレミアム試写会が行われ、大泉洋をはじめ、松たか子、高橋光臣、眞栄田郷敦、笹本玲奈、西郷輝彦、大谷亮平、上川隆也が登壇した。

 原作は池井戸潤が書き下ろした新作の同名小説。大泉演じる大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人(きみしま・はやと)が、上司に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することに。やるせない思いで総務部長として赴任する工場に赴いたところ、成績不振のトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。知識も経験もない君嶋に、チーム再建という重荷が課せられた。低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが始まる。

 大泉は「我々も皆さんと同時にこの1話を見ました。撮影の苦労も相まって熱く感動的でした。ただ皆さんが私のタックルで笑いすぎなんじゃないかなと(苦笑)。確かに、私が当たって、バーンと跳ね返されるところは面白いですけど、あんなに笑いが起きるとは…」と苦笑しつつあいさつ。

 今回初めて日曜劇場の主演を務めることになった大泉。「日曜劇場と言えば池井戸作品。まさか私が主演で出させてもらえるとは。逆転に次ぐ逆転の物語なので、安心して台本に乗っかり演じていけるというのは幸せでございます。TEAM NACSの中で、私だけ(日曜劇場に)出ていなかったものですから、若干の焦りは感じておりましたので、池井戸先生にもだいぶお金を積みました(笑)」とジョークを交え、会場を笑いに包んだ。

 君嶋の妻・真希を演じる松は、印象的なシーンを聞かれると「夫(大泉)がずぶぬれになるシーンと、アストロズの皆さんの手。とても色っぽくてこんなに優しい手で押しているんだなというところに少しドキッとしました」と。

 本作のために15キロの増量に挑んだ眞栄田が「素晴らしいシーンがたくさんあったんですけど、大泉さんがラグビーボールを床に投げつけるシーンで、びっくりしてる姿がリアルで一番笑いましたね」と明かすと、大泉も「思いのほか、びっくりする方に飛ぶんですよ。監督がいろんな角度から何回も撮るから、その都度投げてたんです。毎回、どこに飛ぶか怖かった」と裏話を明かした。

 高橋は「雨降らしのシーンがやはり印象的でしたね。夜6時くらいから機材を入れて雨を降らせたんですけど、途中から本当に雨が降ってきてしまって、みんなガタガタと震えながら撮影をしていました」とラグビーシーンの苦労話を披露。さらに「大泉さんはスーツを着てずぶぬれになっていたんですが、僕は『今、俺かっこいいだろ』と思っていながらやっているんだろうな(笑)」と思っていたと明かすと、すかさず大泉が「思ってないよ!そんないやらしいこと考えないでしょ。俺はずっと『早く終われ』って思ってた(笑)」と切り返して笑いを誘った。

 笹本は、大泉の長ぜりふのシーン、大谷が大泉演じる君嶋の家族のシーンを挙げ、上川は「大泉洋さんの足の白さですね」と話すと会場は大爆笑。大泉は「皆さんが短パンにじわじわ笑うたびに、傷付いてましたよ」と観客にボヤいた。

 さらに、司会の山本恵里伽アナウンサーが「シャツはインしてるんですね(笑)」とツッコむと、大泉はすかさずラグビー経験者の高橋に確認。高橋から「今のトレンドは、シャツを出します」と言われ、大泉は「今の若者はシャツをインするんじゃないの?」と少し落ち込んでいた。

 家庭内のやりとりについて、松は「会社での様子を今初めて見て、こんな人たちと対峙していたんだと知ったんですけど、分からないままを含めて、帰ってきたままの姿を受け止めていければなと。必要なときにそこに手があり、声がかかり、ささやかで特別な力になればいいなと思っています」と語った。

 さらに、エキストラを使った大規模な撮影が行われている本作。大泉が「衣装が500着用意されていて、それでも足りなかったみたいです。監督はエキストラさんにも芝居を要求するんですよ。台本を読んでないのに。『ここはもっとこうだ!』みたいな結構なことを要求するんです。なのでエキストラさんたちのお芝居がすごくいいんです。なので僕は時間があるときには、撮影後にエキストラさんに10分くらいごあいさつという名のトークショーをさせていただいていて」と明かした。

 熱さ対策の話題になると、屋外の撮影が多いラグビー選手役の高橋は「グラウンドにいても僕は選手側としてずっと太陽の下に置かれっぱなしなんですよ。ようやく日陰に逃げたと思ったらスタッフさんに『そこ映り込むんでどいてください』と言われてしまい、どこにも逃げ場がないんですよ(笑)」と撮影の苦労を語った。

 最後に大泉は「1話をご覧いただきありがとうございます。このドラマは池井戸先生の原作から始まりまして、全てが面白く熱いドラマになっていると思います。私もそうですし、出演者全員並々ならない苦労で挑んでいるので、どうかこのドラマを多くの方に広げていただいて見ていただければと思います。日曜日の夜に見て、月曜とても元気に仕事に向かえるんじゃないかなと今日確信しました」と締めくくり、観客や報道陣に「日曜9時は、ノーサイド・ゲーム!宣伝よろしくお願いしますよ!」と、何度も力強くアピールした。

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』
TBS系
7月7日(日)スタート
毎週日曜 後9・00~9・54
※初回25分枠大

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える