• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

2週連続1位!『バイオハザード:ザ・ファイナル』が正月興行を制す

『バイオハザード:ザ・ファイナル』 ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の人気シリーズ最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』が、12月31日(土)~1月1日(日・祝)の週末2日間で動員220,872人、興行収入304,233,000円で2週連続1位を記録したことが分かった。また1月4日(水)までの累計成績は、累計動員1,861,762人、累計興行収入2,737,392,800円となった。

<成績内訳>
12月31日(土) 動員81,640人/興行収入129,573,800円
1月1日(日・祝) 動員139,232人/興行収入174,659,200円
土日合計 動員220,872人/興行収入304,233,000円

1月4日(水)まで 累計動員1,861,762人/累計興行収入2,737,392,800円

 興行収入全体におけるローカル地区のシェアは、公開1週目の70.1%から2週目には75.1%とさらにアップしており、全国的にヒットしていることが分かる。また、公開13日目まで(1月4日(水)まで)の興行収入は、前作『バイオハザードV:リトリビューション』の113%という好成績で推移している。

<作品概要>
私が何者であろうと――この命を燃やす。
人類滅亡まで48時間――すべては彼女アリスに託された
「48時間で人類は滅びる」とレッドクイーンに告げられるアリス。彼女の前に絶望的な数のアンデッドが現れ地上を埋め尽くしていく。人類滅亡のカウントダウンが始まったのだ。アリスはすべての物語がはじまった地=ラクーンシティへ戻る。世界をアンデッド化してきた宿敵アンブレラ社との壮絶なラストバトル。人類の命運はアリスに託された――。そして、ついに明かされるアリスの秘密――。2002年に初めてスクリーンに登場して以来、1作ごとにスケールとパワーを増殖させ、世界を熱狂の渦に包んできた映画『バイオハザード』シリーズの最終作。本作にはアリスと共に戦う女戦士コバルト役で日本からローラがハリウッドデビューし参戦!クレア役のアリ・ラーターも最終章にカムバック!

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』
大ヒット上映中

監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ショーン・ロバーツ、ルビー・ローズ、ローラ、イ・ジュンギ、ウィリアム・レヴィ、イアン・グレン

公式サイト:http://www.biohazard6.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ