• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

バカリズム×二階堂ふみ×オードリー若林が本人役でドラマ共演

「住住(すむすむ)」 バカリズムが、1月24日(火)スタートの日本テレビ系「住住(すむすむ)」(深1・29)の脚本を手がけることが分かった。本名の「升野英知」名義でキャストとしても参加し、二階堂ふみ、オードリーの若林正恭と共演。また、初回放送直後よりオンライン動画配信サービス「Hulu」にて第1話と第2話が同時配信される

 マンションを舞台にしたシットコムドラマで、バカリズム、二階堂、若林は本人役。芸能人でありながら派手に遊ぶこともなく、地味な独身生活を送るバカリズムと若林。2人は同じ階の住人で、バカリズムはよく若林の部屋に遊びに来る。そんなある日、二階堂も同じマンションに住んでいることが判明。二階堂も仲間に加わり、3人はそれぞれの芸能人っぽい悩みを問題を解決していく。

 バカリズムは「3人が出演するこの企画の想定は2~3年前からあって、こういうワンシチュエーションでなら、本人役のほうが面白いんじゃないかなと思っていました」と明かし、「視聴者の方に、リアルな感じで本当に住んでいるのかと思わせたい。ベースは特に事件性もなくて、変に派手にせず、コントやドラマでもない間のところをついていきたい」と意欲的にアピール。

 二階堂は「私でいいのかなーと。“笑い”もとれないですし…」とプレッシャーを感じつつも、本人役とありスタイリストをつけず私服で出演するという役作りも行い、「コメディが課題というか、自分にとっての課題がきたのかなと。でも、意外と脚本を読んでみると、しっくりきます。自分が無理せず挑める芝居なので、ありがたいなと思いつつ、お二人(バカリズムと若林)が面白いので、つい笑っちゃう」と楽しそうな様子。若林は「芝居の流れでいろいろと話が膨らんでいったりするので、めちゃくちゃ(3人は)相性がいいんじゃないですね」と手応えをにじませ、「自分でもオンエアの状態が全然想像できない。パソコンで感想を検索しようと思ってます(笑)」と語っている。
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える