• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

羽生善治竜王と藤井聡太四段が公式戦で初対決!AbemaTVで2・17生中継

『第11回朝日杯将棋オープン戦』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「将棋チャンネル」で、羽生善治竜王と藤井聡太四段が対局する『第11回朝日杯将棋オープン戦』の準決勝と、決勝の様子が生中継されることが決定した。

『朝日杯将棋オープン戦』は、持ち時間が各40分と棋戦の中では短い“早指し”と呼ばれる種類の棋戦。全棋士に加え、アマチュア10人、女流棋士3人によるトーナメント形式で行われ、羽生善治竜王と藤井聡太四段が準決勝に進出した。

 2人が最初に対局したのは、昨年4月(対局の収録は2月)に放送されたAbemaTVのオリジナル番組『藤井聡太四段 炎の七番勝負』。藤井四段は7人の先輩プロ棋士と対局する企画の最終戦で羽生竜王(当時は三冠)に勝利。将棋界のみならず、世間を驚かせた。

 あれから約1年。『第11回朝日杯将棋オープン戦』準決勝での公式戦初対局が決定すると、記者会見で羽生竜王は「こんなに早く実現するとは思っていなかった。多くの皆さんに楽しんでもらえるような対局ができたらいいなというふうに思っています」、藤井四段は「ずっと憧れの存在でもあったので、その羽生先生と公式戦で対局できるのはとても楽しみにしています」と、それぞれ意気込みを語った。

 藤井四段は、準決勝、決勝を勝ち上がり優勝を果たすと、史上初となる中学生の棋戦優勝となり、昇段も決まる。一方で、過去10回の『朝日杯将棋オープン戦』で5度の優勝を果たしている羽生竜王は、最多優勝記録を更新し、棋戦優勝通算45回という記録をさらに伸ばすこととなる。

AbemaTV『朝日杯将棋オープン 準決勝・決勝』
放送日程:2月17日(土)朝8時30分~24時(生中継)
放送チャンネル:将棋

番組URL:https://abema.tv/channels/shogi/slots/E2YXaCx5q2uncF

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真