• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

青山テルマ「終わってねーぞ、渋谷は」ギャル50人とパラパラに挑戦!『有吉ジャポン』6・1放送

『有吉ジャポン』 6月1日(金)放送の『有吉ジャポン』(TBS系)で、青山テルマがギャルサーに向けた新曲「世界の中心~ We are the world ~」のミュージックビデオの撮影風景を公開する。

 今回の放送では「渋谷復活を目指す!“渋谷サー人”」をテーマに、渋谷のギャル文化を紹介。渋谷の街を盛り上げるため、20年にわたりイベント開催などの活動をしてきたという“渋谷サー人”(サークルに属する人)の実態に迫ると、ギャル文化&サー人が絶滅の危機に瀕していることが発覚。復活をかけ奮闘するサー人たちの「鉄の掟」やギャル歴史の勉強会、幹部を集めての激アツ会議など、意外と厳しく真面目なギャルたちの姿に有吉も驚く。

 そして、スタジオゲストの青山テルマは新世代に向けた“パラパラ・パーティ・アンセム”「世界の中心~ We are the world ~」(7月25日(水)発売のアルバム「HIGHSCHOOL GAL」に収録)を発表。豪華ゲスト&渋谷ギャル50人が集結した“衝撃超盛り”MVの撮影風景を番組で紹介する。

 ギャル文化に触れた青山は「私は若いころはタイマンしか張っていなかったので(笑)。大勢のチームに入るよりは、一匹狼のようなスタイルでやっていました」と自身の過去を振り返り、「友達に元ギャルの子がけっこういますが、芯も通っているし、筋も通っている。連絡もちゃんとしているし、普通の人よりもしっかりしているイメージがあるので、一緒にいて楽です」とギャルに対しての印象を語った。

 また「“サー人フェス”のような感じでフェスとかもやってみたいです」と今回のコラボでギャルたちに感化された様子の青山は「私も今回のパラパラは、ギャルをリバイバルしたいというか。“終わってねーぞ、渋谷は”みたいな精神で作ったので、いろんなサー人とコラボはしてみたいですね」と今後の活動に意欲を見せた。

 さらにスタジオでは、青山をはじめ、最上もが、千鳥・ノブ、そしてMC有吉弘行らが若者の間で大流行中の動画アプリ「TikTok」に挑戦する。

『有吉ジャポン』は6月1日(金)深0・20より放送。

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える