• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

誠子の「美人パフェ」VS渚の「大人ジュエルパンケーキ」!?尼神インターが大人スイーツの新メニュープレゼン対決

181428_01_R パンケーキ専門店「Butter」新メニュー発表会が行われ、Butter新メニューの応援アンバサダーに就任した尼神インターが登場した。

 誠子は純白の白いトップスにパステルイエローのスカートに、渚は華やかなカラフルなシャツを着用しステージに登壇。誠子さんの“できる美人風”の衣装を見た渚から「かわいらしいですね!服はね」と辛口のツッコミが入ると、「新人女子アナの雰囲気を目指して、女性らしくかわいらしく決めてみました」と、誠子も笑顔でコメント。いっぽう、渚は自身の衣装について「関西の色をいっぱいに出してきました」と語った。

 アンバサダー就任の意気込みについて、「パンケーキとかスイーツが大好きなので、こういう仕事をやってみたかったのでうれしいです」と誠子。渚は「私バカなので、アンバサダーの意味が分からないんですよね。でもみんな笑っているところを見ると、すごくいいことなんだなと思います」とおバカな一面を披露した。

 新メニューについても話が及ぶと、誠子のアイデアを元に美人をテーマに考案された「美人パフェ」、お酒好きの渚のアイデアを取り入れた「大人ジュエルパンケーキ」の2種を披露。7月27日(金)から始まる、新メニューのインスタ投稿対決キャンペーンに先駆け、前哨戦となる『誠子VS渚』の新メニューに関する対決を繰り広げた。

 対決前には、「本当に自信があります!すごい素敵なパフェを作っていただいたので、渚には絶対負けられないです。女子力で渚に負けたら終わりやと思うんで」と誠子から自信満々のコメントが。対する渚も「やっぱりイメージとして尼神インターで言ったら、パンケーキといえば誠子やろって思うかもしれないんですけど、パンケーキやったら”渚”やろっていうところを証明しようと思ってます!」と意気込みを語り、「もしこの後勝負に負けて証明できなかったら、私この後東京でお仕事なんですけど、ここに残ります。東京の仕事には行きません」と自身にプレッシャーをかけていた。いっぽう誠子は、「私がこの後負けたら、罰ゲームとして全員にキスします」と宣言。これに対し渚から、「嫌やわ!誰も得せえへんから。誠子の罰ゲームじゃなくて、キスされる側は罰ゲームやから」と突っ込みが入り、会場の笑いを誘った。

 それぞれのメニューのアイデアについて、「私は美人に合うパフェが良かったので、お花やハートなどカワイイものと使っていただいたり、美人にピッタリのパフェになっています」と誠子。渚も「全体的にファンシーな感じを入れてほしいとお願いしました。ジュエルのような装飾で女の子が好きそうな感じにしつつ、私お酒が好きなので、お酒を使っているところがポイントです!」とアイデアを説明した。

 一つ目の対決は、『食レポ対決』。審査員として、新メニューの監修に携わった、パティスリー&カフェ デリーモのショコラティエ・江口さんが登場。江口さんを見た誠子は、「素敵ですね!ちょうどいい感じの清潔感と真面目そうで誠実そうで合格です」と太鼓判を押した。対決では誠子がパフェを口に運ぶと、「ほら見て、めっちゃカワイイですから。おいしいフルーツもたっぷり入っていて、おいしすぎて“幸せいこ~”。幸せ過ぎて嫌なことも全部忘れる~、最近ネットで『尼神インター 誠子』って検索したら、『ほんこん 娘』って出てくることも忘れるわー」と、メニューの魅力と自身のエピソードトークを織り交ぜながら、誠子ならではの食レポを。渚はパンケーキを食べると、「いやこれめっちゃうまい!やばいすごいわ、ほんまに。めっちゃ甘いかなって思ってんけど、大人の味って感じ。これはテンション上がるわ。すごいわ!ブルーレモンとスパークリングワインの2色ジュレをかけたら、酸っぱさも合わさって、ちょうどいい味になるんですよね。分かりやすく言うと、ガヤガヤしている東京の街を歩いている、お年寄りのご夫婦が手をつないでいる様子を見て、心がすごく温かくなったんですよ。そういう幸せそうな味がします」と、渚らしい独特の世界観を踏まえた食レポを披露した。そして、江口さんから勝者は誠子さんとの発表が。誠子さんの魅力たっぷりの食レポに心を打たれた様子だった。

 二つ目の『フォトジェニック対決』では、美人パフェと誠子が並んだ笑顔の写真を披露。改めて写真を見た誠子は「ほんこんさんに似てるって言われて否定するんですけど、めちゃめちゃほんこんさんに似てるって初めて思いました。カワイイかもしれないと思ってたんですけど、ちゃんと私ブスですね」と、自虐し、会場からは笑いが起こった。渚は、大人ジュエルパンケーキとの2ショットを披露。目を見開いたびっくりした顔で、「こんなびっくりした顔普段せえへんやろ。それぐらいおいしいってことやねん!」と力説した。結果は、商品をしっかり撮影してもらっている点、すばらしい笑顔と表情を踏まえ、渚に軍配が上がりました。

 最終対決は『理想のデートプラン対決』。まずは誠子が、「デートなので、やはり好きな男性と、好きなスイーツを食べたいので、まずButterに行って食べますよね。デートなので徐々に段階は踏んでいきたいので、誠子の家に行ってベットの上で『最後のおやつは誠子だよ』と言います」と、積極的な理想のデートプランを披露。いっぽうの渚は「付き合って2年ぐらいの彼氏と山登りデート中に、隠れ家Butter店を見つけるんです。ひとつのパンケーキを二人で食べながら。すごくおいししくて20秒ぐらいで食べきってしまうんです。お店を出たらバンジージャンプの場所を見つけて、彼氏がバンジージャンプに挑戦したときに『今日のパンケーキおいしかったな!結婚してくれ!』ってプロポーズされるようなデートプランが夢です」と理想の濃密なプランを語り、誠子さんからも突っ込みを受けていた。審査員の江口さんからは、「Butterのお店にピッタリのハッピーになれるような、エピソードをお話しいただくことができました」と、渚に軍配が上がった。これにより、3番対決は2勝1敗で渚が勝利した。

 イベントの最後には、誠子が「本当に見てカワイイ、食べておいしい、素敵なスイーツができたと思います。このパフェを食べて、みんな幸せいこになってね!」とメッセージを。渚は「当たり前にある幸せってなんやろうと、忘れてる人にぜひButterに来てもらいたいです。Butterにお越しいただければ幸せな気持ちを感じていただけると思います」と、コメントし、最後まで“渚節”を炸裂。会場も大盛り上がりのままイベントは終了した。

 渚の「大人ジュエルパンケーキ」はButterあべのHoop店、誠子の「美人パフェ」はButter茶屋町店にて発売中。

<販売店舗情報>
店名:ButterあべのHoop店
所在地:〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30 Hoop B1F
営業時間:11:00~23:00(FOOD L.O.22:00/DRINK L.O. 22:30)
※ランチ OPEN~14:00(平日・土日祝)
電話番号:06-6629-2333
定休日:施設に準じる

店名:Butter茶屋町店
所在地:〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町4-4 茶屋町ガーデンビル2階
営業時間:月~土 10:00~23:00(L.O. 22:30)
日・祝 10:00~22:00(L.O. 21:30)
※ランチ OPEN~14:00(平日・土日祝)
電話番号:06-6374-1166
定休日:無休

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える