• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

吉沢亮&安田顕が壁ドンで猛アプローチ「僕が君のポリフェノールだ!」

ロッテ「ポリフェノールショコラ」Webドラマ「ポリフェノールラブ」 ロッテ「ポリフェノールショコラ」Webドラマ「ポリフェノールラブ」完成披露試写会が開催され、吉沢亮と安田顕が登壇した。

 上映後は、安田が「吉沢君はやっぱり目の奥が爽やか」と話すと、吉沢は「いやいや。とても素敵でしたよね。いい声で」と。これを受け安田は「この 前、生放送のテレビ番組で“いい声のタレント・俳優ランキング”やっている時に、 吉沢が僕の名前を出してくれたの。ランキングなんかに入ってないのよ(笑)。 大好きになっちゃって。そんなこと1つで、人ってこの人のこと応援したくなるもんだ ね。吉沢亮、最高!と思ったもんね」と感謝を伝えた。

 Webドラマの撮影のエピソードでは、吉沢は「女性役の方の目線の位置にカメラを設置していたので、カメラ目線を 意識せずに自然にできた」と。安田が、そのカメラはヘルメット型で、ヘルメットの後ろに付いた取っ手をカメラマンが持ち、女性の顔の向きを操作していたと明かし「カメラマンさんは早く向きを変えたいから、もうその女性には意志がないわけ(笑)」と撮影時のエピソードを明かした。

 また役作りに関して、吉沢は「赤のカカオ70%は苦味のある味なので、ツンデレ感というか若干のSっ気を意識しまし た」と。安田は「僕の方は青(カカオ50%)ですから、ほどよく甘く優しい。歳上のダンディズムというよりかは、かわいい一面のあるおじさんをイメージしました」と語った。

 さらにWebドラマが2人から熱烈な猛アプローチを受ける大人の甘い三角関係を描いたストーリーということで、吉沢と安田が会場の一般女性に対して動画の実演を行い、どちらからのアプローチが良かったかを決めてもらう「どっちの“ポリフェノール?”」 対決を実施。選ばれた一般女性は頭にカメラを付け、2人に迫られる様子がスクリーンにリアルタイムに映し出された。

 1回戦では、後輩役の吉沢が「先輩のこと、たっぷり好きです」と口説いていると、安田はなぜか首をぐらぐらと揺らしながら「俺と、たっぷりしない?」と迫り、吉沢から「なんで首安定しないんですか(笑)」とツッコまれるひと幕も。判定は吉沢の勝利となった。

 2回戦では、安田が一般女性に顔を近づけ壁ドン。驚く一般女性を見た吉沢もそれに対抗して壁ドンを始め「今日から僕が君のポリフェノールだ!」と迫り、安田も「おい、こっち を見ろ!」と2人で一般女性に激しく猛アプローチ。その結果、安田が勝利を収め、最終的に引き分けという結果となった。

 最後に吉沢は「Webドラマの女性のように、常に2種類の『ポリフェノールショコラ』を持っていて、気分に合わせて食べるのが一番いいと思います」、安田は「どっちにしようか迷ったときは、こちらのWebドラマをご覧いただいて、 決めてもらえればと思います」とアピールした。

 Webドラマ「ポリフェノールラブ」“オフィス篇”は、「ポリフェノールショコラ」ブランドサイト(https://www.lotte.co.jp/products/brand/polychoco/)先行公開中。全篇は9月18日(火)に公開される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える