• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松雪泰子、バディ役・堀井新太を「振り回し続けます(笑)」『ミス・ジコチョー』10・18スタート

『ドラマ10「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」』

 10月18日(金)スタートの『ドラマ10「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」』(NHK総合)の試写会が行われ、松雪泰子、堀井新太、須藤理彩、高橋メアリージュンが出席した。

 本作は松雪泰子主演のミステリーエンターテインメント。松雪演じる天才工学者が、さまざまな事故を第三者の目で調べる“事故調査委員会(ジコチョー)”として秘められた真相に挑む。脚本は『陸王』『半沢直樹』の八津弘幸と『おっさんずラブ』の徳尾浩司が手掛ける。

『ドラマ10「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」』

 主人公の工学者・天ノ真奈子役の松雪は「皆さんに楽しんでもらえるように、どうしたらこの作品がブラッシュアップできるのか日々考えながら作り上げています。毎回、多彩なゲストが登場しますし、どの回も楽しんでいただけます」と。役柄については「工学教授という役は今まで経験してことがないので、どのように構築すべきか監督と相談しながら作り上げていきました」と語った。

『ドラマ10「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」』

 真奈子とバディを組む助手の野津田燈役の堀井は、「僕が一番大事にしたのは松雪さんとのバディ感です。1話を見て個人的には塩味過ぎたのかなと思いましたが、失敗学ですから、失敗してなんぼ(笑)。いっぱい研究して勉強して、この後もキャスト陣とどうしたらもっと良くなるのか会議するので、確実にいい作品になると思います」と自信を見せた。

『ドラマ10「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」』

 真奈子の秘書の辻留志保役の須藤は、「毎回、カットがかかった瞬間に(堀井の)『あー俺失敗したー』っていうのが始まるんですね。最初はみんなフォローしていたんですけど、今も優しく付き合ってくれるのは松雪さんぐらい(笑)。それを見てメアちゃんが笑っているという感じです」と現場の雰囲気の良さを明かした。

『ドラマ10「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」』

 真奈子の助手の西峰郁美役の高橋は、「私が役作りする前から監督が郁美のイメージをすごく考えてくださっていて、それを事細かに教えてくれたり、すごく愛情のある作品です」と。作品については「脚本を読んで、リズム感があって面白いと思ったんです。1話完結なのですが、毎回伏線が張られているので、それを回収されるのが楽しみになっていくと思います。10話全部見てください!」とアピールした。

 堀井はバディを組む松雪の印象について、「初共演なんですけど、すごくストイックに芝居を追及される方。その背中を見て僕もこのままじゃだめだし、面白いことをやってみようと思って、監督に何も言わずに試してみたり、人としてもアドバイスをもらっています」と。

『ドラマ10「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」』

 須藤は「(松雪と)共演は3回目なんですが、じっくり向き合ってお芝居をするのは今回が初めて。かっこよくてスタイリッシュな印象でしたが、1話に登場するヘルメット姿がかわいかったです(笑)。今まで見たことのない松雪さんが楽しめると思います」とアピール。

 すると松雪が「ヘルメットは最強アイテムです(笑)。ジコチョーっぽさが一番出るアイテムなので、かぶらなくてもいいところでも積極的に取り入れました。不思議な格好をして真面目なことをやるのが面白いのかも」と説明した。

『ドラマ10「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」』

 物語は真奈子と野津田のバディによる事故調査を中心に展開していくが、2人の掛け合いや野津田の振り回されっぷりなどコメディ要素も楽しめる。松雪は「野津田君がより魅力的に輝くように私はサポートしていきたいので、先生として振り回し続けています(笑)」と。堀井は「真奈子さんは自由奔放でマイペース。だからこそ僕のリアクションで物事が大きくも軽くも見えるので、真奈子さんを見て研究をして、今後もどうすればいいのか探っていきます」と応えた。

『ドラマ10「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」』
NHK総合
10月18日(金)スタート
毎週(金)後10・00~10・49

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える