• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

斉藤由貴が25年ぶりに『世にも』出演!「恐怖がほんのりエンドレスな感じ」

『世にも奇妙な物語'19秋の特別編』

 11月9日(土)放送の『世にも奇妙な物語’19秋の特別編』(フジテレビ系)に、斉藤由貴が25年ぶりに出演することが決定した。

 斉藤の初出演は、番組がスタートした年である1990年10月放送の『世にも奇妙な物語 秋の特別編』。「絶対イヤ!」というストーリーに主演し、映画翻訳家を目指す女性を熱演した。2回目は1994年10月放送の『世にも奇妙な物語 秋の特別編』。「出られない」というストーリーで、電話ボックスに閉じ込められた女性を演じた。

『世にも奇妙な物語'19秋の特別編』

 3回目の出演となる今回は「恋の記憶、止まらないで」で、売れなくなったシンガーソングライター・村瀬志保を演じる。

 志保は新曲を思うように作ることができず、ファンからも見放され、SNSには辛らつなコメントが書き込まれていた。ある日、志保は曲作りをしながらうたた寝をしてしまい、不思議な夢を見る。そして夢の中に流れていたメロディーが気になり、記憶をたどりながらに新曲に作り上げる。

 早速その曲を披露したところ、みんなが志保の歌に聞きほれ、あっという間にヒットチャートの仲間入り、SNSにも好意的なコメントが並び始める。そんなある夜、自宅で曲作りをしていた志保は、夢の中で聞いたメロディーが、かつて幼少期に自分が出演していたテレビ番組のCMソングだったことを知り、盗作をしてしまったことに気づく。

『世にも奇妙な物語'19秋の特別編』

<斉藤由貴 コメント>
◆25年ぶりに出演した感想は?

「久しぶりに出演させていただけて本当にうれしいです。私、オムニバス・スタイルのミステリー色のあるドラマを見るのが好きなので、そういう点からもうれしいです。今まで出演させていただいた2本は、コメディー色の強い、アップテンポで面白い作品だったのですが、今回はホラー色が強い、ある意味、最も『世にも奇妙な物語』らしい、王道をいく作品なので、新しいジャンルの作品に挑めることもうれしいです。どちらかというと私は、コミカルな作品の方が演じやすいので、叫んだり、怖がるという表現は難しく、チャレンジングな作品になると思います」

◆注目のシーンは?

「見てくださるお客様が、本当に怖がる“王道のポイント”というか“要素”が随所に散りばめられていて、限られた分数の中ですが“ホラーはこうでなくちゃ!”という構成になるのではないでしょうか」

◆今回の役をどのように捉え、演じていますか?

「私自身が、この仕事を始めてもう34年くらいでして…もう人生の半分以上、この仕事をしているのですが、その間にはお仕事がうまくいく時もあればいかない時もありました。仕事をする上で迷う気持ちには共鳴でき、役柄に寄り添うことができたのは確かです。だからといって、私の素の部分を作品に感じさせすぎるのは良くないと思うので、そのバランスが難しかったです」

◆この作品を読んだ感想は?

「輪廻的なテイストがあると思います。恐怖がほんのりエンドレスな感じがしました」

◆視聴者へのメッセージ

「この作品には書き下ろしていただいた曲がいくつか出てきて、全編を通して随所で流れてきます。それがロマンチックですてきな気持ちを呼び起こしてくれるようなテーマチューンなので、ぜひ音楽も楽しんでみてください。きっとこの作品を盛り上げてくれると思います」

『世にも奇妙な物語’19秋の特別編』
フジテレビ系
11月9日(土)後9時~11時10分

「恋の記憶、止まらないで」
<出演者>
村瀬志保…斉藤由貴
中居賢治…利重剛
ほか

<ストーリーテラー>
タモリ

<スタッフ>
脚本:諸橋隼人
編成企画:渡辺恒也、狩野雄太
プロデューサー:植田泰史、水野綾子
演出:岩田和行

<制作>
フジテレビジョン

<制作著作>
共テレ

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/kimyo/
公式Twitter:https://twitter.com/yonimo1990

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える