• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『アライブ』木村佳乃が撮了「大変良質なドラマに関わることができて幸せでした」

『アライブ』

『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系)に出演する木村佳乃がクランクアップを迎えた。

 木村の最後のシーンは、院内の廊下で同僚と会話をしているシーン。最後のカットを撮り終え「木村佳乃さん、オールアップです!」とスタッフから声が上がると、盛大な拍手とともに、松下奈緒がサプライズで登場。木村は「奈緒ちゃん!」と大喜びし、抱擁を交わした。

 木村は「ありがとうございました!」とスタッフに何度も感謝を伝え「大変良質なドラマに関わることができて幸せでした。チーフ監督、チーフカメラマン、プロデューサーよりも年上というポジションになってしまいました(笑)。20歳の時にご一緒したスタッフの方と再会したりと、良い環境で撮影をさせていただきました。またぜひ皆さんとお仕事させていただけたらと思います。お世話になりました!」とあいさつした。

<最終回(3月19日(木)放送)あらすじ>
困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた心(松下奈緒)と薫(木村佳乃)。そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明。その告白を受けた心は、二人で乗り越えようと誓い合う。
しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。
一方、心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしていた。医師としての将来を思う阿久津(木下ほうか)にも決断を迫られるのだが、薫の件もあり、心は答えることができない。
また、研修期間が終わろうとしている結城(清原翔)と夏樹(岡崎紗絵)もどの科に行くか決めかねていた。佐倉莉子(小川紗良)が化学療法室で治療を受けていると薫がやってくる。
治療を受ける薫に驚く莉子。だが、莉子も既にがんと闘う決意に満ちている。莉子は戸惑っていた職場への病気の報告も済ませ、今はフリーペーパーの編集も手伝っていると薫に話す。そんな二人を、同じく抗がん剤治療を受けていた橘千寿子(三田寛子)が見ていた。
二人の女性医師、そしてそれぞれの医師たちに、変革と旅立ちのときが訪れようとしていた。

『アライブ がん専門医のカルテ』
フジテレビ系
最終回 3月19日(木)後10時~10時54分

<出演者>
松下奈緒、木村佳乃
清原翔、岡崎紗絵、小川紗良/田辺誠一
藤井隆、木下ほうか・北大路欣也
最終話:三田寛子、佐津川愛美

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/alive/
公式Twitter:https://twitter.com/Alive_cx
公式Instagram:https://www.instagram.com/Alive_cx/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える