• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大原櫻子のオルガンと子供たちの歌声にほっこり「あの日のオルガン」本編映像解禁

映画「あの日のオルガン」
 2月22日(金)公開の映画「あの日のオルガン」から、大原櫻子演じるみっちゃん先生のオルガン演奏シーンの本編映像が解禁された。

 本作は、太平洋戦争末期、子供たちの命を守るために日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保母たちの実話を映画化。53人の園児たちを親元から遠く離れた荒れ寺に疎開させ、幾多の困難を乗り越え、託された命を守り抜こうとするヒロインたちの奮闘を描く。

 保母たちのリーダーで責任感の強い板倉楓役を戸田恵梨香、天真爛漫で音楽が好きな保母の野々宮光枝役を大原櫻子が演じる。ダブル主演の戸田と大原は本作が初共演となる。

 戸田、大原に加え、1000人を超えるオーディションを経て保母役に選ばれたのは、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵。林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功らが脇を固める。

 メガホンをとるのは『ひまわりと子犬の7日間』の監督で、長年山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めてきた平松恵美子。

映画「あの日のオルガン」
 解禁されたのは、大原演じるみっちゃん先生のオルガン演奏シーン。

 紆余曲折を経てようやくたどり着いた疎開先は、古ぼけて所々に穴の開いた雨戸が立てられ、ガラス戸はなく、近所から借りてきたかめを使ってようやく取り繕ったトイレのみというボロ寺。意を決して疎開を決行したものの、その荒れっぷりを目の当たりにして早くもめげてしまいそうになった皆の心に、天真爛漫なみっちゃん先生(大原櫻子)のオルガンと明るい歌声が響き渡る。

 「お猿のかごや」「雀の学校」「お山の杉の子」など朗らかな童謡と、どこか安らぎを感じるオルガンの音色や、笑顔いっぱいに歌う子供たちの様子に、大量の荷物を整理する楓先生(戸田恵梨香)ら保母たちも心癒やされ、活力をもらいながら、テキパキと生活の準備を進めていく。

 かまどには猫が居ついていたり、異常なほど煙がたちのぼってしまったり、そうこうしているうちにみっちゃん先生のレパートリーも尽きてしまったりと、まだまだ前途多難な様子ながら、このオルガン演奏こそが過酷な疎開保育園を支え続けていくことがうかがえる。

映画「あの日のオルガン」
 子供のころ、保育士を夢見ていた時期もあったという大原は、撮影を振り返り「とにかく一生懸命楽しむ、そして楽しませることを心がけていました。子供たちの笑顔を見ると全部吹き飛んじゃいます。ちゃんとして!と思う時もたまにはありましたが(笑)、子供たちのお芝居以外の自然な表情こそこの作品の良いところなので、そこは逆に自然と遊んでくれていたらうれしいんです。笑顔に癒やされながら撮影をさせてもらいました」と明かしている。

「あの日のオルガン」
2月22日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

<あらすじ>
東京も安全ではなくなっていた1944年。戸越保育所の主任保母・板倉楓は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を模索していた。別の保育所・愛育隣保館の主任保母の助けもあり、最初は子供を手放すことに反発していた親たちも、何とか子供だけでも生き延びてほしいという一心で我が子を保母たちに託すことを決意。しかし、戸越保育所の所長がようやく見つけてきた先は古びた荒れ寺だった。幼い子供たちとの生活は問題が山積み。それでも保母たちは、地元の世話役の協力を得て、子供たちと向き合い、みっちゃん先生はオルガンを奏で、みんなを勇気づけていた。戦争が終わる日を夢見て…。そんな願いをよそに、1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を来襲。やがて、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っていた―。

出演:戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵、林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功
監督・脚本:平松恵美子
原作:久保つぎこ『あの日のオルガン 疎開保育園物語』(朝日新聞出版)
音楽:村松崇継
主題歌:アン・サリー「満月の夕(2018ver.)」(ソングエクス・ジャズ)
配給:マンシーズエンターテインメント
文部科学省特別選定作品(一般劇映画)

オフィシャルサイト:anohi-organ.com
オフィシャルツイッター/フェイスブック:@anohinoorugan #あの日のオルガン

©2018「あの日のオルガン」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える