• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「バラードはボーカリスト冥利に尽きる」GENERATIONS from EXILE TRIBE 片寄涼太×数原龍友インタビュー

「バラードはボーカリスト冥利に尽きる」GENERATIONS from EXILE TRIBE 片寄涼太×数原龍友インタビュー

自身2度目の全国ツアーを開催中のGENERATIONS from EXILE TRIBEが、6月29日(水)に12枚目のシングル「涙」をリリース。シングル曲としては初となるバラードに挑んだボーカルの片寄涼太、数原龍友が、その思いを語ってくれた。

GENERATIONSとしては今がタイミングだったのかなと(数原)

GENERATIONS from EXILE TRIBE

――これまでアルバムではバラード曲はありましたが、シングルとしてバラードをリリースするのは今回の「涙」が初めてですね。

片寄涼太 実は今回リリースするシングルに関しては、別の方向性のアイデアもあったんです。でも、ツアー中ということもあり、このタイミングだからこそバラードをシングルにしてみるのはどうだろうというアイデアをいただき、そこから今回の作品を作ることにつながりました。自分たちにとっても、また新しい引き出しになっていると思いますし、『Rainy Room』のときとはまた違ったシングルとしてのディテールにこだわって歌えた部分もあるのかなと思います。

数原龍友 歌い手としてバラード曲は勝負なところもあるので、デビュー当時から、ずっとやりたいと考えていました。ただ、タイミングというのもすごく大事で、GENERATIONSとしては、それが今だったんです。ここまで大事にしてきたからこそ、この「涙」という楽曲がよりエネルギーを持ってくれるんじゃないかと思います。皆さんがミュージックビデオに対して、どういった反応をしてくださるのかが楽しみです。

――今だからこそ表現できる部分もあるでしょうしね。

片寄 そうですね。今ちょうどツアー中なので、お客さんに向かって、いろんな楽曲をパフォーマンスさせていただいているんです。その中で作品を作ると、どういうふうに聴こえたらお客さんが楽曲の世界に入り込みやすいだろうというのをより意識しました。だから、お客さんの顔を思い浮かべながら歌わせていただくことができました。

数原 ツアー中って、グループ全体の士気が高いんです。1つの目標に向かってみんなで力を合わせているので、熱量があって、すごくいい状態なんです。そういう中で「涙」に取り組めたことは、とても良かったと思います。

――「ディテールにこだわった」とおっしゃっていましたが、具体的には、それはどういう部分ですか?

片寄 『Rainy Room』は、ちょっと重たくてコアな世界観だったと思うんです。でも、今回はシングルということで、より多くの方の耳に触れる機会をいただける作品として、悲しい恋愛ソングだけど、テーマは“涙”という普遍的なものの1つになりました。だから、よりキャッチーにしつつ、かつ感情を感じてもらえるようにしようと思って歌いました。

数原 『涙』は、普段GENERATIONSがやるサウンドとは対照的なものだったので、僕は涼太とのバランスを取ることも心掛けました。やはりバラードでは、バランスがかなり重要視されるだろうと思っていて。だから、自分が歌わせていただいた後、涼太の歌を聴いて、もう少し違うアプローチのほうがいいのかなって考えたりもしました。

――歌のトーンをそろえるよう心掛けたということですか?

数原 そうですね。ちゃんと歌がつながるようにテンション感を合わせた部分はありました。それはお互いにやっていたと思います。

――Aメロから徐々に感情が高まっていく感じは意識しながら歌われていたんですね。

数原 感情の持っていき方は、自分の中でストーリー性を持たせて歌いました。後半になって演奏も盛り上がってくるので、それに合わせてトーンを変えたりしながら歌っていった感じです。

片寄 本当に画が浮かぶ楽曲なので、歌っていて“なるほど”と感じさせられるんです。恋人同士の始まりと終わりを「涙」というキーワードだけで、ここまでうまくつながっている歌詞がすごいなと感じますし、最後に出てくる、涙は“今日こぼれた”ってなっている部分で、「うわっ、今日の出来事だったんだ!」と自分たちも気づかされて、まるで短編小説を読んでいるような気持ちになりました。だから、自分の頭の中に画を浮かべつつ、聴いていただく皆さんにも感情移入していただけるように歌いました。

数原 それに、この曲は“サヨナラ”や“ゴメンネ”、“観覧車”などキーワードもとても伝わりやすいんです。そういう言葉が使われているから、より状況を描きやすいのかなと思います。世代や性別を問わずイメージが浮かびやすい曲なので、主人公が話しているかのようにとか、主人公の感情で歌うということを意識しました。演技に近い感覚なのかもしれませんが、どれも主人公の言葉であり感情なので、成り切って歌うことに意味があるようにも感じました。

バラードは難しいけど、ボーカリスト冥利に尽きます(片寄)

――バラードの良さやバラードの存在について、あらためて考えたりはしましたか?

片寄 バラードをレコーディングする難しさをあらためて感じましたし、それと同時にボーカリスト冥利に尽きる曲だなと。歌に向き合っているなと実感できましたし、だからこそその中にどれだけ自分の感情を入れられるかということも考えました。とてもいい経験でした。

数原 バラードはすごく難しいんですけど、レコーディングは楽しいですし、涼太も言っていたように「歌ったな!」という気持ちになるんです。だから、歌うのって楽しいとあらためて感じました。でも、もっとこうできたかなとかも思ったりするので、自分自身にも興味が沸いて。バラードを歌うと毎回そういう気持ちになるんですよね。

――経験や年齢を重ねる中で、歌い方もまた変わってくるかもしれないですしね。

数原 そうですね。今の段階でも自分の声が以前とは変わってきてるのを感じますし、気持ちの持っていき方で、こんなに聴こえ方が変わるんだっていうことも感じられるんです。今回は、特にそれが強かったので、余計に楽しかったです。

――今回のミュージックビデオではパフォーマーも踊っていないとか。

数原 はい。今回は演じるシーンが多くなっています。

片寄 幸せだった日々の画もあれば、何かの理由があって別れてしまったっていう画もあり、その2つのシチュエーションをみんなが撮ってるんです。だから、それがこの「涙」という曲の、切ないんだけど、どこか温かい感じとリンクしてくれればいいなと思っています。

数原 その2つのシチュエーションが、メンバーそれぞれ違うんです。だから、「涙」という楽曲から感じたものを、1人ひとりが別の形で表現してくれているはずです。1曲の中でいろんなストーリーが出てくるので、すごく見応えあるミュージックビデオになっているんじゃないかと思います。メンバーが演技をしているのを見るのは照れくさいですけど(笑)。

――皆さん、恋人役の女性とのシーンがあるみたいですしね(笑)。でも、きっとリスナーの方には映画のような作品だと感じていただけるんじゃないですか?

数原 そうですね。短編映画のような仕上がりになっているかと思います。

片寄 僕は撮影中に、ほかのメンバーのシーンもチラチラ見てたんですけど、すごくドラマっぽい感じで面白かったですよ。今までとは違うミュージックビデオになっていると思います。

――そして、現在GRNERATIONSは初のアリーナツアー中です。手応えはどうですか?

数原 すごく楽しくて本当にヤバいです(笑)。アリーナだから会場は大きくなったんですけど、お客さんの顔はよく見えるんです。だから、すごく喜んでくださっているのが伝わってくるんです。一緒に踊ってくださる人もいれば、バラードで涙ぐんでいる方もいるのが感じられて、あらためて感謝の気持ちが芽生えました。

片寄 まだツアー中ではあるんですけど、どの会場も盛り上がりがすごくて、本当にうれしいです。昨年のホールツアーでも感じましたが、こんなにも自分たちのことを知って応援していただける方たちがいてくださるというのを感じる瞬間がツアーなんです。とてもありがたいですし、もっと喜んでいただけるようなことを考えて、自分たちから発信していければと思っています。

 

PROFILE

GENERATIONS from EXILE TRIBE
白濱亜嵐、片寄涼太、数原龍友、小森隼、佐野玲於、関口メンディー、中務裕太の7人から成るダンス&ボーカルユニット。2012年デビュー。現在、初のアリーナツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2016“SPEEDSTER”」を開催中。

 

リリース情報

GENERATIONS from EXILE TRIBE New Single「涙」

GENERATIONS from EXILE TRIBE
New Single「涙」
2016年6月29日(水)発売
1500円+税[CD+DVD]
500円+税[CD]

○GENERATIONS LIVE TOUR 2016
“SPEEDSTER”開催中!
7/2(土)愛媛 愛媛県武道館
7/3(日)愛媛 愛媛県武道館
7/9(土)沖縄 沖縄コンベンションセンター展示棟
7/10(日)沖縄 沖縄コンベンションセンター展示棟
9/24(土)福岡 マリンメッセ福岡
9/25(日)福岡 マリンメッセ福岡

GENERATIONS from EXILE TRIBE 公式HP http://generations-ldh.jp/


●text/高橋栄理子

 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える