• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

次週“僕やり”に桐山漣が登場!「本当に自分が!?」と絶句した衝撃の役柄とは…

桐山漣

 毎週火曜に放送中のドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ/フジ系)の第4話(8月8日放送)に桐山漣が出演。桐山自身「耳を疑った」という初めて尽くしの役柄を熱演する。

 窪田正孝が演じる高校生のトビオたちが、イタズラ心で仕掛けた不良への復讐計画が思わぬ大事件に発展したことで、初めて生きることに必死になり右往左往しながらも成長していく様を描く同作。「実写化困難」と言われていた今クールの注目作で、毎話放送中にTwitterでトレンド入りするなど、若年層を中心に盛り上がりを見せている。そして今回、桐山が演じるのは、原作にも登場するホームレスでゲイのヤング。ホームレス役も、ゲイ役も初めてだという桐山は、ヤングという役柄の個性のハードさに、「本当に自分に?」と耳を疑ったという。

 だが、ドン底に落ちたトビオと路地裏で出会い、新たな生き方を教える新しいパイセン(今野浩喜)的存在に当たる重要な役とあって、「これだけ面白く個性派な役と出逢えたことに魂が揺さぶられる感覚」と一念発起。中でも「撮影前は勝手にクールなイメージがあった」という主演の窪田との共演シーンは楽しかったそうで、「窪田さんのパンツを後ろから脱がすカットは、何度も何度も撮りました。もうお尻の形を当てられるくらい(笑)」と息もぴったりだったという。

 トビオたちを共犯者と確信した飯室(三浦翔平)や退院してきた市橋(新田真剣佑)に追われるトビオが、菜摘(水川あさみ)の話をヒントに“真犯人”の真相に迫っていく『僕たちがやりました』の第4話は、8月8日(火)後9・00からカンテレ/フジ系で放送。初登場シーンではスタッフや窪田が「おぉ~!」とうなり声を上げたという“桐山ヤング”の再現度の高さにも注目だ。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真